医学および生命科学におけるイスラエルの業績

イスラエルの数多くの小さなヘルス関連スタートアップは、世界の大企業の関心を集めています。スイスやアメリカ生まれの多国籍製薬会社や医療企業は、イスラエルでスタートアップの買収に力を入れているが、同時に有力企業は現地にR&Dセンターを開設しています。イスラエルのヘルス・テクノロジー自体が、世界的な医療テクノロジーのイノベーションの需要に牽引されており、その結果、イスラエルは投資家の注意を強く引き付けるようになっています。

● イスラエルは新しい分子(ナノテクノロジー)の特許数で世界4位を誇ります。また、新しい医療機器の特許数で世界1位を誇ります。
● イスラエルには最新の研究開発をラボから世界市場へと移転させる16の技術移転機関があります。この内半数以上が医療または生物工学に関連しています。

躍進中のイスラエル生命科学業界
● イスラエルでは生命科学分野の技術革新に関連する2004年の輸出総額が24億ドルだったのに対し、2008年には65億ドルまで上昇しました(300%)。
● イスラエルの生命科学企業は2008年に1000社を超え、3分の1の企業が現在も安定した業績を残しています。
● 現在イスラエルで運営される700の生命科学企業の内、半数以上の企業が過去10年以内に起業しました。また、開発段階の企業がおよそ380社あり、出資者および提携企業を募集しています。

世界をリードするイスラエルの製薬会社
● 癌の標的治療をはじめとする難病治療を目指し、研究開発に投資する70社以上の製薬会社が最も力を入れているのが薬物送達です。
● イスラエルでは120以上の製薬会社にて、病気、先天性欠損、生活環境菌、違法薬物などの診断キットを生産しており、世界中で使用されています。

世界に貢献するイスラエルの生物工学
● イスラエルの生物工学は年間17%の割合で発達している分野であり、癌、多発性硬化症、糖尿病、パーキンソン病、アルツハイマーなどの症状を改善する画期的な治療法が開発されています。
● イスラエルで 幹細胞研究を行っている20社の企業にて胎盤から幹細胞の採取が可能であることが判明。胎芽からの採取に代わる道徳的な手段として注目されています。
● イスラエルでは早くからバイオマーカーが使用されており、細胞治療や病気の早期発見および早期診断に貢献してきました。

世界の先端に立つイスラエルの医療機器
● イスラエルでは癌治療の冷凍手術をはじめ、消化器官を体の内部から観察できるビデオカプセルや低侵襲手術に使用されるテレスコープなどの医療機器が世界で初めて開発されました。
● イスラエルで開発された使い捨ての医療機器や移植療法の医療機器は、使い安さやコストの面で 優遇され、
国内でトップの売り上げを記録しています。
● イスラエルでは体内の悪性腫瘍を探知する血液検査をはじめ、HIV抗体検査、肝臓病を診断する呼気テスト、わずか5分で感染や病気を探知するコンピュータープログラムなど各種医療機器が発明され、病気の早期発見や早期治療に貢献しています。