イスラエルのダイヤモンド産業

宝石の中でも最もイスラルと関連が深いのがダイヤモンドです。世界のダイヤモンド産業は世界中に散らばるユダヤ人のネットワークと南アフリカのダイヤモンド開発会社デビアス社によって支えられていると言われています。ちなみにデビアス社の経営者もユダヤ系だそうである。デビアス社の設立には有名なロスチャイルド(ユダヤ系)資本の後ろだてがあったそうです。
デビアス社は生産、販売機構をつくり、人為的にダイヤモンドの価格を末端価格に至るまで統制しています。原石の買い付けはデビアス社、研磨加工はイスラエルという構図が出来上がっているようです。
第二次世界大戦後の新生ユダヤ人国家イスラエルは大量移民を受け入れた際に、移民の中にダイヤモンド研磨の職人がいたことに着目し、ダイヤモンド産業を興し、ダイヤモンド産業を国の基幹産業の一つとして育成しました。ダイヤモンドの輸出入に関税を掛けないなどの優遇策を講じて、ダイヤモンド産業を急速に発展させました。現在全世界で宝飾品として使われる小型ダイヤの約80%はイスラエル製であり、イスラエルの対日輸出の大部分も加工ダイヤです。

美容大国イスラエル

メイドイン・イスラエルのコスメが実は日本にたくさん入ってきています。
クレオパトラも愛した死海コスメは、天然の美容資源に恵まれ、天然成分にこだわって作られているので安心して奇麗になれます!
イスラエルの美容製品が有名な理由は、
● ミネラル豊富な死海の塩が取れる
● 乾燥した気候のため、保湿意識が高い
● 死海の効用を医療にも取り入れており、アンチエイジング研究がさかん
死海公社の「AHABA」ブランド以外にも、日本市場に参入し、話題に取り上げられている美容製品は、「SABON」、「LALINE JAPAN」、「FARAN」、脱毛器「センス・エピ」、100%植物素材のソープ「ガミラシークレット」等があります。